“縱波”の読み方と例文
新字:縦波
読み方割合
たてなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其振動ぶりは、最初縱波べて緩漫大搖れであるがため、われ/\はこれをゆさ/\といふ言葉形容してゐる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
震原場合には縱波毎秒五粁さで進行するのに、横波毎秒三・二さで進行する。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
もつと具體的にいふならば、初期微動空氣中ける音波のような波動であつて、振動方向進行方向とが一致するもの、形式からいへば縱波である。主要動はそれとなり横波である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)