“縦波”の読み方と例文
旧字:縱波
読み方割合
たてなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
音は空気が圧縮と膨脹とを交互にうけた波、即ち縦波である。それで音を出しながらこの方法で瞬間写真をとると、音波の形をはっきり見ることも出来る。
「茶碗の湯」のことなど (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)