“細帶”の読み方と例文
新字:細帯
読み方割合
ほそおび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殺し汚面々々我而已勘當さるゝとも何のびかん我も冥土途連せんとて既に首をべきなれば初瀬留も是を聞き其元のりは皆私し故なれば倶々んと同じく細帶
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
存命孝行のに苦勞をさせんよりはぬるぞならん今宵の留守を幸ひに首をて死なんものと四邊り廻りけるに不※細帶の手にれば是幸ひと手繰寄枕元なる柱の根へ夜着布團
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)