“第一夜”の読み方と例文
読み方割合
だいいちや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
密月第一夜から、附絡ふて、部屋何時宿る……さへもろしいのに、つひ言葉のはづみから、双六谷分入つて、二世けやうとする、けば名高神秘山奥
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)