“烏骨鶏”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うこっけい50.0%
をこつけい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“烏骨鶏”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]6.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
かく似て非なる者を、仏経には烏骨鶏うこっけいに比した。
烏が鶏に生ませた烏鶏とは、烏骨鶏うこっけいだ。
するとあの意気地なしめ、無理無体に夜具の下から、つらだけ外へ出したと思ふと、「ひ、ひ、人殺し」と、烏骨鶏をこつけいが時でもつくりやしめえし、奇体きてえな声を立てやがつた。
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)