“榮喜”の読み方と例文
新字:栄喜
読み方(ふりがな)割合
えいき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“榮喜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さりとはくもまなびし八が物眞似ものまね榮喜えいき處作しよさ孟子もうしはゝやおどろかん上達じようたつすみやかさ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
身代たゝき骨になれば再び古巣への内儀かみさま姿、どこやら素人よりは見よげに覺えて、これに染まらぬ子供もなし、秋は九月仁和賀にわかの頃の大路を見給へ、さりとは宜くも學びし露八ろはちが物眞似、榮喜えいきしよ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)