“榮耀”のいろいろな読み方と例文
新字:栄耀
読み方(ふりがな)割合
えいえう60.0%
ええう40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“榮耀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なん商人あきうど女房にようばうみせからくるま乘出のりだすは榮耀えいえう沙汰さた御座ござります
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そのうちでも忘れ難いのは、先づ第一番に、この四郎の隱れ家を訴人して縛らせた上、女房のお冬を役人の手に渡し、自分は贓品買ぞうひんかひの大罪を許して貰つて、ぬく/\と榮耀えいえうを續けてゐる、麹町六丁目の櫻屋六兵衞一家。
「成程、そいつは氣が付かなかつた。あつしは縁側の方へ退きませう。日向ひなたぼつこをしながらお雜煮を祝ふのも、飛んだ榮耀ええうですぜ」
時頼の有樣を觀て熟〻つら/\思ふやう、扨も心得ぬ六波羅武士が擧動ふるまひかな、父なる人、祖父なる人は、昔知らぬ若殿原に行末短き榮耀ええうの夢を貪らせんとて其の膏血はよもそゝがじ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)