“桐火桶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きりひおけ75.0%
きりびおけ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
床なる花瓶の花もまず、西向の欞子なりし机の上も片づきて、もおかず、座蒲団を前に敷き、なる桐火桶烏金火箸を添えて、と見ればなかに炭火もけつ。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さも旅疲見えて、鼠地の縮緬に、麻の葉鹿の子の下着の端、かしきまでに、三枚襲着痩せのした、撫肩の右を落して、前なる桐火桶の縁に、つけた火箸に手をかけ
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
殿上に桐火桶を隔てて世俗に対したのでは俳人芭蕉は大成されなかったに相違ない。連歌と俳諧の分水嶺に立った宗祇がまた行脚の人であったことも意味の深い事実である。
俳諧の本質的概論 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)