“杜父魚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かくぶつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、皿のさかなには、あられの降るときは水面に浮き跳ねて悦ぶという琵琶湖の杜父魚かくぶつを使って空揚げにしてあるなぞは、料理人になかなか油断のならない用意あるがことをおもわせた。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)