“木柱”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きばしら66.7%
ぼくちゅう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木柱”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だが、もの、鳥居とりゐ木柱きばしらうするだね。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それで最後には瓦ならよかろう、または瓦に限るということになったことと思うが、これとても屋根にたくさんの土を置いて、それが雨の水に流れぬように、すきまなく覆いをするならよいが、それにはまた、じゅうぶんな重みを支えるように、今よりも何倍か丈夫じょうぶ木柱きばしらを使うひつようがあった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
今日の黄昏たそがれ、宇治山田の米友が、一本の木柱ぼくちゅうをかついで田疇でんちゅうの間をうろついているのを見た人がある。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)