“恐惶謹言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうこうきんげん75.0%
きようくわうきんげん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君側のを一掃してのうえでなら、微臣たりとも海内静謐のためどんな御奉公も決していとう者ではない。どうかご推量を仰ぎたい。恐惶謹言
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の上のには侮られて位置の懸隔を恨むらん、肩書に官爵あらば、あの田原の額に畳の跡深々とさし、恐惶謹言させて子爵には一目置挨拶させ差詰聟殿と大切がられべきを
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
御奉書拜見仕つり候御預りの者有之候由別紙御書付の家來共評定所迄爲請取差出し申候恐惶謹言
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)