“引卒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひきつ66.7%
いんそつ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌朝日出雄少年とが目醒めたのは八櫻木海軍大佐は、武村兵曹をはじめ一隊水兵引卒れて、何處へか出去つたであつた。
最後に残った二百人を杉右衛門自ら引卒れて放浪の旅へ登ったからである。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かくて、つたのはの十一であつた。櫻木大佐は、すでに海底戰鬪艇海上んだので、甲板らんがめに、武村兵曹をはじめ一隊水兵引卒して艇中いた。