“幅物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふくもの75.0%
かけもの25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
障子ぎわには小さな鏡台が、違いには手文庫と硯箱が飾られたけれども、床の間には幅物一つ、花活け一つ置いてなかった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
主人方面興味しい樣子て、した。なものはないけれども、ならば所藏畫帖幅物せてもいと親切した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
翌日は弥勒に出かけて、人夫を頼んで、書籍寝具などを運んで来た。二階の六畳を書斎にきめて、机は北向きに、書箱は壁につけて並べておいて、三尺の床は古い幅物をかけた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)