“對決”の読み方と例文
新字:対決
読み方割合
たいけつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
委敷事を語りければき今度の御呼出しは吉三郎と對決させんとの事べければ種々御尋ならんが其時委細
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
得ざるまゝ何卒長庵と對決の御調べへに願ひ奉つり候と申ければ然らば此傘は其方長庵方にしと申か長庵は其方が十兵衞の金子を持て歸る事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
より呼出兩人對決の時大岡殿八にはれ其方質屋火附盜賊なりと申せども其科人外より出たり此者ち其盜賊伊兵衞なりとて自訴びしと申されければ八は彼の伊兵衞
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)