“実子”のいろいろな読み方と例文
旧字:實子
読み方割合
じっし80.0%
じつこ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
表面は優しく見せかけても内心は如夜叉、総領の継子を殺して我が実子を相続人に据えようという怖しいみがあったに相違ないのです。
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
自分のの子供を療治してるに迷うと同じ事で、その実子と少しも違わない有様であった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
堀越実子——市川翠扇という女優の名で出演し、七人舞女は、そのころの新橋七人組といわれた、小夜子老松秀千代、太郎、音丸栄竜、たちだ。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
実子扶貴子が、浜子とあまりちがわない年齢で、税所敦子——宮中女官内侍——の作詞をい、杵屋正次郎夫妻の附け、父団十郎の振附けで踊っている。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)