“奸謀”の読み方と例文
読み方割合
かんぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
井伊大老は夷狄を恐怖する心から慷慨忠直の義士を憎み、おのれの威力を示そうがために奸謀をめぐらし、天朝をも侮る神州の罪人である
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
し浪人藤崎道十郎が修羅亡執も此處にみ出て嬉く思ふなるべし果せる惡事のい速かにり來りてさしも申りたる村井長庵が奸謀悉皆く調べ上に相成貞婦孝子之助が善報の程は神佛應護にもりし物成んと其風聞なせしとぞ其翌年に至りて公儀に有難き大赦の行はれけるに御にも久八が忠義の程を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
岡部駿河守らをはじめ奸吏ども数多くこれありて、井伊掃部頭安藤対馬守らの遺志をつぎ、賄賂をもって種々奸謀を行ない、もって言語道断、不届きの至りなり。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)