“奸吏”の読み方と例文
読み方割合
かんり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岡部駿河守らをはじめ奸吏ども数多くこれありて、井伊掃部頭安藤対馬守らの遺志をつぎ、賄賂をもって種々奸謀を行ない、もって言語道断、不届きの至りなり。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
高井殿に信任せられて、耶蘇教徒を逮捕したり、奸吏糺弾したり、破戒僧を羅致したりしてゐながら、老婆豊田貢になる所や、両組与力弓削新右衛門の切腹する所や
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「まったく、面目ないことだ。無能、徒食の奸吏と、わしにいわれてもしかたがない。……だが、そうましただけでは気の毒だから武蔵はわしが三日の間に捕まえてやるよ」
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)