“太功記”の読み方と例文
読み方割合
たいこうき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つづいて十一月には一番目『太功記馬盥より本能寺討入まで団洲光秀菊五郎春永なり中幕団洲の法眼にて「菊畑」。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
太功記の色彩などははなはだ不調和極まって見えます。加藤清正が金釦のシャツを着ていましたが、おかしかったですよ。光秀のうちは長屋ですな。
虚子君へ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
日本の演劇で蛙の声を聞かせる場合には、赤貝をり合せるのが昔からのであるが、『太功記』十段目の光秀が夕顔棚のこなたよりでた時に
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)