“大沙漠”の読み方と例文
読み方割合
だいさばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にはゴビの大沙漠があつて、これにも怪物るだらうとへた。彼等はゴビの沙漠から惡魔吐息だとへたのであらう。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
これは一体何のために誰のつけたであろう? 保吉は幻燈の中に蒙古大沙漠を思い出した。二すじの線はその大沙漠にもやはり細ぼそとつづいている。………
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それは深山んで白頭猿ばるゝ、めて狡猾一種で、一群そ三十ばかりが、數頭巨大つて、丁度アラビヤの大沙漠旅行する隊商のやうに