“大判”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おほばん66.7%
おおばん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大判”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画2.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その夏雄が晩年とこくと、しばしば枕もとへ一面に小判こばん大判おほばんを並べさせては、しけじけと見入つてゐたさうである。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
さゝに、大判おほばん小判こばん打出うちで小槌こづち寶珠はうしゆなど、就中なかんづく染色そめいろ大鯛おほだひ小鯛こだひゆひくるによつてあり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
春章が役者絵には宝暦時代より承継せる細長き細絵ほそえ(一枚また三枚続もあり)と大判おおばんの錦絵とあり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
されば大判おおばんのものには従来の丹絵たんえ及び漆絵うるしえ依然として行はれたりしが漸次一般の浮世絵師の採用する処となり、その発明者西村重長と相並んで当時の名手と称せられし石川豊信鳥居清満らの制作専らこの二色摺となるに及び、正徳享保の原始的なる手彩色てさいしきの板画は漸次廃滅するに至りき。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)