“細絵”の読み方と例文
読み方割合
ほそえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春章が役者絵には宝暦時代より承継せる細長き細絵(一枚また三枚続もあり)と大判の錦絵とあり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
これによつて窺へば写楽の似顔絵は細絵の全身画も多けれど無比の傑作とすべきはやはり世人知る所の雲母摺なるべし。当時歌麿の美人画にも肖像画の地色に銀色の雲母を敷きたるもの多し。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)