“壁蝨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だに100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“壁蝨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
昨夜闖入した暴漢は、実に黒河内の使嗾しそうによる者で、主立つ者は二人——一人はT市の壁蝨だにというべき、有名なる無頼漢『深夜の市長』と
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
蛇には壁蝨だにが一面に取りついていた。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)