“土船”の読み方と例文
読み方割合
つちぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長吉だ首を頷付かせて、何処もなしに遠くをめてゐた。引汐堀割いだ土船からは人足が二三人してうの製造場へとに土を運んでゐる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
港にある船はもとより何百艘で、一本マスト、二本マストの帆前船、または五大力の大船から、達磨船土船猪牙船なぞの小さなものに至るまで、あるいは動き、あるいは碇泊していた。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
長吉はだ首を頷付かせて、何処もなしに遠くを眺めていた。引汐の堀割にいだ土船からは人足が二、三人して堤の向うの製造場へとに土を運んでいる。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)