“取高”の読み方と例文
読み方割合
とりだか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
密訴をした平山と父吉見とは取高譜代席小普請入になり、吉見英太郎、河合八十次郎銀五十枚をはつた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「何しろ取高が少ないもんですから仕方が御座いません。もう少しいでくれるといのですけれども」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
み遊ばされし事あり此事の人の知る所なり時に元和九年徳川二代將軍家御上洛あられしかば京都の繁華前代未聞なり然るに其年の十月頃時の關白二條左大臣殿の諸大夫にて取高七石二人扶持なる河島伯耆守と云る人或日只一人祇園の社へ參詣なし祇園豆腐と云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)