“優等”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうとう66.7%
いうとう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「僕は先生が信用してくれないから、勉強する気にならないんだよ。これでも尋常一年の時は優等だったぜ。うそだと思うなら免状を見せてやる」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その子の富士男はことし十五歳、学校はいつも優等であるうえに、活発で明るく、年少者に対してはとくに慈愛が深いところから、全校生徒が心服している。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
自分學力優等といふので自分志村とを同時にやるべく校長から特別處置をせられるので自然志村自分競爭者となつてた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
彼女長男のやうに成人した。小學時代から學業品行優等成績で、今年中學へると、すぐに地方專問學校入學試驗けるためにつたのである。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)