“來懸”の読み方と例文
新字:来懸
読み方割合
きかゝ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此處筒袖片手ゆつたりとに、左手山牛蒡げて、頬被したる六十ばかりの親仁、ぶらりと來懸るにふことよろしくあり。
城の石垣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
出行たり元より足も達者にて一日に四十里づつ歩行しき若者なれば程なく松の尾と宿迄來懸りしに最早日は暮て戌刻頃とも思ひしゆゑ夜道を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
請取より呉服橋へ掛り四日市へと來懸るに當時は今とひ晝も四日市しく人通なれば清三郎は惡僕二人と共に此處に待伏なし居たり又七は金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)