“伊豆石”の読み方と例文
読み方割合
いずいし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引きめぐらした伊豆石の塀の上に幾株かの夾竹桃がさって、そのを茂らせていた。淡紅色で重弁の花が盛に咲いている。
小田原北条からも、伊豆石の寄進をいたしたいと、奉行へ申しいであったそうだな」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊豆石御手洗ったを、くのをれた橘屋若旦那徳太郎が、お稲荷様への参詣は二のぎに、れの隠居台詞通り、へつかないかせて、んでたおせんの見世先
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)