“人等”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとら60.0%
ひとたち40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“人等”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あの人等ひとら、やっぱりあないしてるのんが淋しいて、日本人に交際求めてるねんで」
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
満島みちしまにわたりて遊ぶ人等ひとらゆく月に照らされ吾等われらもい
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
いにしへななさかしき人等ひとたちりせしものはさけにしあるらし (同・三四〇)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
市井のそこに住む人等ひとたちあふらと汗とが浸潤しんじゆんしてか、地は、陰濕じめ/″\してどす黒い………其のどす黒い地べたに、ぽツつり/\、白くしやれた貝殼かひがらが恰で研出とぎだされたやうになツてゐる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)