“研出”の読み方と例文
読み方割合
とぎだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中折の帽子を目深に、洋服の上へ着込んだ外套の色の、黒いがちらちらとするばかり、しッくい叩きの土間も、研出したような沓脱石も、一面に雪紛々。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
紫のしずかな色の上に、一箇の蒔絵印籠が乗っていた。葵紋をちらした研出し蒔絵の金色が、見る眼を射た。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
市井のに住む人等と汗とが浸潤してか、地は、陰濕してどす黒い………其のどす黒い地べたに、ぽツつり/\、白くれた貝殼が恰で研出されたやうになツてゐる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)