“一少女”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いちせうぢよ50.0%
いつせうぢよ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一少女”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
細君さいくん張氏ちやうしより、しかも、いつつばかり年少としわか一少女いちせうぢよ淡裝たんさう素服そふくして婀娜あだたるものであつた。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
必然ひつぜんあく」を解釋かいしやくして遊歩塲いうほぢやう一少女いつせうぢよ點出てんしゆつしかの癖漢へきかん正義せいぎ狂欲きやうよくするじやうえが
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)