“少女等”の読み方と例文
読み方割合
をとめら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女性の前には愚なる情慾の征服者で西班牙太鼓、六絃琴をもつたごきげんとり、少女等の玩具となり、夫人等の足を舐め髪の毛に接吻をする従僕であるといふのか、私はローランサンを愛する
わが泣くを少女等きかば
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
巴里の街の少女等
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)