“常少女”の読み方と例文
読み方割合
とこをとめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姫たちは常少女にて春ごとに花あらそひ
源氏物語:46 竹河 (新字新仮名) / 紫式部(著)
常少女なる母宮としもなれば
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
常少女なる母宮の代としもなれば
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)