“もみつぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
揉潰75.0%
籾粒25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
揉潰もみつぶされたようなかすれたせきして、何かに目を転じて、心を移そうとしたが、風呂敷包の、御経を取出す間も遅し。さすがに心着いたのは、障子に四五枚、かりそめにった半紙である。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かれそのされたいね穗先ほさきつかんでもみ幾粒いくつぶかをしごいてた。かれさらその籾粒もみつぶんでた。かれそれからまたさんはしつた。かれすこしのひどひまどつたやうにかんじた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)