“とんじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
遁辞84.2%
豚児15.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「僕の関係した事でないから、僕は何とも云うまい。だから君もそう落胆イヤ狼狽ろうばいして遁辞とんじを設ける必要も有るまい」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
他の世界——行為の世界は病弱な自分に対して閉されていたから、などというのは、卑怯ひきょう遁辞とんじであろう。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「はああれか。あれはねわたしの妻子ですんだ。荊妻けいさい豚児とんじどもですよ」
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「まさか。豚児とんじぞろいですもの」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)