“ちちおや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
父親94.2%
実父1.4%
父翁1.4%
親父1.4%
養父1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父親相当地位大宮人で、狭間信之母親はたしか光代、そして雛子夫婦一粒種のいとしだったのでした。
品夫はその実父を殺した犯人が生きてさえおれば、一生に一度はキットこの村に帰って来るに違い無いと云うのです。
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これは弥六といって、与吉の父翁が年来の友達で、孝行なが仕事をしながら、病人を案じて居るのを知って居るから、例として毎日今時分通りがかりにその消息を伝えるのである。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
友人はこれに暗示を得て、脅迫団の名を無断拝借して、親父を脅迫しようとしたのだ。私は何だか探偵小説で之と似たような事を読んだような気がする。友人もそれから思いついたのかも知れない。
急行十三時間 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
養父の方が可愛がって片時も離さないとこういう言種でね。……父も祖母も、あれにられると思うから、相当に待遇するでしょう。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)