“じつぷん”の漢字の書き方と例文
語句割合
十分100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はず慄立てたのは、十四年五月二十三日十一時十分城崎豐岡大地震大火號外ると同時であつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
十分おくれましたわね、ういへば、十時五十分とかつてなすつたやうでした。——時間つたのかもれません。」は、七三や、かくしだと時間間違ひはなからう。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)