“しよたいふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
諸大夫100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
景公諸大夫へ、し、つて(三二)る。にして穰苴んで大司馬す。田氏益〻し。
み遊ばされし事あり此事の人の知る所なり時に元和九年徳川二代將軍家御上洛あられしかば京都の繁華前代未聞なり然るに其年の十月頃時の關白二條左大臣殿の諸大夫にて取高七石二人扶持なる河島伯耆守と云る人或日只一人祇園の社へ參詣なし祇園豆腐と云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)