“しゆつたつまへ”の漢字の書き方と例文
語句割合
出立前100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此處てられてのこされん、いでや出立前の一をとひしが、しくずに明日早朝めしき便り、てヽ一病氣しけるが、るヽあはれしくも
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
巴里良人へ着いて、何と云ふ事なしに一ヶ月程を送つて仕舞つた。東京に居た自分、出立前三月程の間のしかつた自分に比べると、今の自分は余りに暇があるので夢の様な気がする。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)