“しめやか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蕭索25.0%
䔥然25.0%
沈寂25.0%
蕭条25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて彼が出づれば、待ちけるやうに男は入替りて、なほ飽くまで此方を向かざらんと為つつ、蕭索ふ音を立つるのみ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
折しも唾壺打つ音は、二間ばかりを隔てて甚だ蕭索に聞えぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
退き臥床に入ければ夜は深々降積る雪に四邊䔥然にての聲のみ聞えるにぞ建部の兩人は今や/\と窺ふお島は藤三郎を抱上小用連行持成座敷々々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼等は若き人のやうにもあらず沈寂に座に着きたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この流派のとして極端に陰影の度を誇張した区劃の中に小雨のいと蕭条海棠花弁を散す小庭の風情を見せている等は、誰でも知っている、誰でも喜ぶ
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)