“䔥然”の読み方と例文
読み方割合
しめやか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
退き臥床に入ければ夜は深々降積る雪に四邊䔥然にての聲のみ聞えるにぞ建部の兩人は今や/\と窺ふお島は藤三郎を抱上小用連行持成座敷々々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)