“しばはし”の漢字の書き方と例文
語句割合
柴橋100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こゝにいたりて激浪にのぼりかねて猶予ゆゑ、漁師ども柴橋わたし、にちかきの上の雪をほりすてこゝに居てかの掻網をなす。
菜摘の里から対岸の宮滝へ戻るには、これも名所の一つに数えられている柴橋を渡るのである。私たちはその橋のの岩の上にかけながらしばらくそんな話をした。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
念力の岩手の村や四日市見上る方は富士の峯取止鶴芝龜芝青々とぞ永く打續き麓の裾野末廣く天神山や馬場川口柴橋大宮木綿島吉原も打過て日脚も永き畷道未刻りに來懸たり斯る折から遙か彼方より露拂ひ右左に立下に/\笠を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なお附近にはの小川、うたたねの橋、柴橋等の名所もあって、遊覧かたがた初音の鼓を見せてもらいに行く者もあるが、家重代の宝だと云うので、るべき紹介者から前日にみでもしなければ
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)