“しづく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シヅク
語句割合
82.2%
14.9%
志筑1.0%
1.0%
点滴1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と一と通り詮索して見ましたが、酒はも殘さなかつたさうで、徳利や猪口は勿論綺麗に洗つて何んの手掛りも殘つては居ません。
だに震ひ動かずしてわが身に殘る血はあらじ、昔の焔の名殘をば我今知るとヴィルジリオにいはんとせしに 四六—四八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
けれども川の中流右岸に、志筑という村が儼存しているので、この川が古の信筑川であることが推定される。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
春にいたりにつもりし雪まづとけて葉をいださぬ木の森をなしたるに、滝の水烟ひしがとなり氷柱となりて玉簾をかけしたるやうなるは、これも又たぐふべきものなし。
これはまた酷い事、屋根半分はに風に奪られて見るさへ気の毒な親子三人の有様、隅の方にかたまり合ふて天井より落ち来る点滴飛沫古筵で僅にけ居る始末に
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)