“したや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下谷97.9%
下屋2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下谷から浅草にかけて町々をって歩きますと、日本で昔から用いているものを、今も作ったり売ったりしているのを見掛けます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
一度燃えたのですから、そので、消えてからどのくらいったかが知れますと、伺った路順で、下谷だが浅草だが推量が付くんです。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
萌黄淡紅しどけない調度部屋々々にあからさまで、下屋には、翻々する。寢轉んだつた圓髷姿島田髷縁側を——釣下つたやうにる。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)