“しうしん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
修身66.7%
執心33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
校長先生かうちやうせんせい修身しうしんで、
赤い旗 (旧字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
何故なぜだつて、なんなの、此間このあひだねえ、先生せんせい修身しうしんのお談話はなしをしてね、ひとなんだから、なか一番いちばんえらいものだつて、さういつたの。母様おつかさんちがつてるわねえ。」
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「もゝつたふ」の歌を残しなされた飛鳥の宮の執心しうしんびとも、つまりはやはり、天若みこの一人で御座りまする。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
PR