“しゆうしん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
囚身33.3%
終身33.3%
執心33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
愛ほしも独りゐるとき囚身は罪あらぬ如く笑みをうかぶる
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
生野菜ほしき囚身にひさびさの小雨に濡れて夜の草匂ふ
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
〔評〕南洲人にして、へず、人之をる。然れども其の人を知るに及んでは、則ち心をけて之をく。其人に非ざれば則ち終身はず。
南洲は終身月照と死せざりしをみたりと云ふ。