“きゃくしゃ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
客車83.3%
客舎16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時間となく、貨車や、客車往復するために、し、しく震動する線路でも、ある時間は、きわめてしんとして、たく白光りのする鋼鉄
雲と子守歌 (新字新仮名) / 小川未明(著)
客車からは、人々して、景色をながめながら、ったり、したりしていました。
負傷した線路と月 (新字新仮名) / 小川未明(著)
やがてわれは里昂の銀行を辞職し巴里に入りて拉甸区の一客舎に投宿したり。然れども巴里にはもとより知る人ひとりもなかりしかば先生の旅館も知るによしなく紹介を求めんにもそのつてなかりき。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)