“からしな”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
芥子菜50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはちょうど針かからしなの実をたずねるようであった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
そのほか菜種があったが実を結び、芥子菜からしなは花が咲いて、青菜は伸び過ぎていた。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)