“いちげん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イチゲン
語句割合
一言88.5%
一見3.8%
一弦3.8%
一現3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日出雄少年二名水兵して一言なく、稻妻終夜しにえたので餘程れたとえ、つてる。
「ですとも。それを知らん顔で、しらばっくれて、唯今一見という顔をなさるから、はぐらかして上げましたんでさ。」
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一見でこうなった。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この一朝に死なんか、余りにも残念なのだ。つがえては切って放つ一弦一弦の弓鳴りはその憤りを発するに似ている。しかもそのもほつれ、弓も折れようとしていた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宿屋に泊るといっても、大阪のどこへ行けば宿屋があるのか、おまけに汽車の中で聴いた話では、大阪中さがしても一現で泊めてくれるような宿屋は一軒もないだろうということだ。
世相 (新字新仮名) / 織田作之助(著)