“いちごん”の漢字の書き方と例文
語句割合
一言100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一言でいうならば、うすく割って屋根葺き板にするような、大きな素性の良い木材が、おいおいにとぼしくなってきたからである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
然し、今日まで親友と思うてをつた君を棄つるからには、これが一生のになるのぢやから、その餞行として一言云はんけりやならん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「調べる」と、たった一言に、家財を掻き回して、家宅捜索をする、そして、わずかばかりな一片の手紙でも、不審と見れば
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)