“いちごん”の漢字の書き方と例文
語句割合
一言100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
津田君はこの一言いちごんに少々同情の念を起したと見えて「なるほど少しせたようだぜ、よほど苦しいのだろう」と云う。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
倭文子は涙ぐんだ目に、遙かなる憧れの色をたたえて、つややかにほほ笑むのみで一言いちごんも口を利かなかった。……
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)