“餞行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんこう50.0%
はなむけ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜に入っては、幕将すべてを集めて、彼のために餞行を盛んにした。餞行の宴——つまり送別会である。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然し、今日まで親友と思うてをつた君を棄つるからには、これが一生のになるのぢやから、その餞行として一言云はんけりやならん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)